top of page

左の爪のはなし

大谷環です。


左の爪のはなしをします。


右の爪ほど神経質になることはないのですが、左の爪のケアも大事です。


放っておくと、隠れストレスになるのです。



どういうことかというと、


短く手入れされた状態では弦を押さえたときに爪は指板に届かないので、


左指の力は弦にダイレクトに伝わります。


しかしちょっと手入れを怠って伸びすぎると、


爪の先が指板に触るようになるのです。


爪が邪魔になって弦がしっかり押さえきれなくなります。



この状態では身体は「力が足りなくて弦が押さえらえていない」と判断して、


反射的に力んでしまうのです。


指摘されれば、そのとおりなのですが、


なかなかこの事実には気がつかないもので、


一生懸命押さえているのに音が出ない、という「隠れストレス」になってしまうわけです。



1、2、3、4指はもちろん、親指の爪も手入れしましょう。


これも伸びすぎ厳禁です。


左手の動きを邪魔したり、ネックを傷つけてしまう可能性もあります。


どの指もこまめに短めにしておくよう習慣づけましょう。



ちょっとした気遣いの積み重ねが練習を快適にしてくれますよ。










まずは無料体験レッスンからはじめてみませんか?

\ 期間限定 / 入会金19,800円→無料 キャンペーン中!











閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page