top of page

ギターレストか足台か問題



大谷環です。


ギターの構え方は古くからいろいろあって


ギタリストたちが試行錯誤していたことがわかります。


現在も足を組んで弾いている人もあれば


立奏で立派な演奏をしている人もいます。


とはいえ一般的にはギターレスト派と足台派に分かれると思います。



僕はギターレスト派です。


20代後半、練習のしすぎで首や腰が痛くなったときに


足台からギターレストに転向しました。


スペインでのことです。



当時は今のような立派なギターレストはなくて


難しい機構でもろいものしかなく往生しました。


それでも身体は改善された覚えはあり


以来、足台には戻っていません。



初めてギターを触るという人には、


僕はギターレストを薦めています。


トータルの身体の負担が少なくて済むように思うからです。



既に習っている方は先生の方法を真似すればよいでしょう。


先生の経験をダイレクトに教えてもらえますから。



ちなみに僕の教室で紹介しているギターレストは


市販のものをカスタマイズしてお渡ししています。


更に負担が少なくて扱いやすいからです。



詳しくは明日のブログで!








まずは無料体験レッスンからはじめてみませんか?

\ 期間限定 / 入会金19,800円→無料 キャンペーン中!




閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page