top of page

練習のサポートグッズ

大谷環です。


上達の早道はまずは良い楽器ですが、


そろえておいた方がよいサポート・グッズも忘れてはいけません。


ここでは最低限必要なものをあげました。





左からギターレスト。


ちなみに僕が使っているものは Elgo play トレスター・モデル。


吸盤式なので塗装を選びます。


ウレタン塗装のギターであれば問題なしですが、


その他のものはしっかり着かないことがあるので、相談してください。


他にもいくつも種類があります。できれば試してみるとよいです。




録音機。


自分で弾きながら自分の演奏を冷静に判断できるのが理想ですが、


なかなか至難の技で、録音をしてみた人は誰でも、


こんなに「下手なのか!」という感想を持つと思います。


でもそれが現実。


僕の師匠は「練習とは考えていることと、やっていることを一致させること」とよく言われていました。


それを強制的にやれるのが録音。


音質にかんしてはほとんど役に立ちませんが、


テンポ、間、ダイナミクス、リズム、消音、隠れたノイズなどのチェックにはめっぽう役に立ちます。



それからメトロノーム。これはまったく音楽的な代物とはいえないのですが、


運動をコントロールするためには是非必要なものです。


それとメトロノームにぴったり合わせる、という行為で集中力が高まる、というおまけのような効果はあります。



最後に鉛筆。気づいたことがあれば即座に楽譜に書き込む習慣をつけましょう。


その一瞬を逃すと忘れる可能性は大きい。


鉛筆を探している間に忘れるものと思っていた方がいいです。


その時は役に立たなくても、時間が経って読み返してみると、ヒントがあったりするものです。


ちょっと柔らかめのものがおすすめです。僕は最近は5Bから7Bです。








































まずは無料体験レッスンからはじめてみませんか?

\ 期間限定 / 入会金19,800円→無料 キャンペーン中!




閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page