top of page

ギターを選ぶときのポイント



大谷環です。


今日はギターの選び方についてお話します。


初心者の方の場合、楽器を選ぼうと思って実際に弾いてみても、


音が良いのか悪いのか、


そもそも、何を目安に選んでいいかわからないというのが普通です。


値段もピンからキリまであって、高ければ良いのか、と言うどうなのか題もあります。


知っておいてもらいたい事は、


10万円以下の楽器では、表面板が合板である可能性が高い。


合板とは、いってみれば、ベニヤ板の上に化粧板が貼ってあるもので、

ちゃんと響くものではありません。


近い将来、自分自身の腕が上がったとしてもわからない。

そのことに反応しないからです。


練習が面白くなくなって、リタイアしてしまう可能性が出てきます。


せっかく始めたのに、せっかく練習したのに、


それはあまりにももったいないことですね。



僕はギター選びは、誰かよくわかっている人に


一緒に弾いてもらって選ぶように勧めています。


ポイントを押さえて選択してもらえるからです。


キャリアがある知り合いとか、先生がお勧めです。


表面板が単板のギターは、ある程度の値段がします。


ハンドメイドだったらなおさらです。


しかし、将来的に長く使うことを考えれば、それほどでもないのかもしれません。




ちなみに僕は20代前半に手に入れたロマニジョスを50年近く弾いています。


今も健在です。


当時の僕には高い買い物でしたが、


買って以来ずっと楽しんでいるし、


この楽器でこそ音の出し方がわかったということも言えます。


良い買い物だったと思っています。


何といっても、良い楽器と過ごせるのは幸せなことですよ。


(写真は僕が愛用している1974年作 ホセ・ルイス・ロマニジョス ラ・レペティダです)






まずは無料体験レッスンからはじめてみませんか?

\ 期間限定 / 入会金19,800円→無料 キャンペーン中!




閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page